「今、お賽銭が危ない!」

[Just surviving]No.0006

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


「今、お賽銭が危ない!」

最近のお気に入り場所、
日光東照宮。

ご近所なのに、いや、
ご近所だからこそいかないんだけどな。

境内をうろうろと、
ぶらつく。

散歩だけなら、
お金もかからない。

その境内にある、
二荒山神社。

たまにはお参りをと、
行ってみた。

なにやらQRコードの看板がある。

な、なんとそれは、
お賽銭用のQRコード。

多数を占める、
海外からの観光客。

いまや時代は、
電子マネー。

「日本では、神社にお参りするときに、
お金を払う習慣があります」的な、
説明書きまで、
ちゃんと書いてある。

さてここで、日本人の皆様に質問。

外国人に、お賽銭の事をどう説明する?

神様を呼び出す為?

願い事は有料?

そう、神社って、
外国の方からみたら、
よくわからないシステムなんだな。

観光客は、
信者じゃない。

よって、
お金を払う理由が見つからない。

神社に行けば、
自動的にお賽銭をする日本人と違って、
外国からの観光客は、
お賽銭を払わない。

入場料いや、
参拝料をとらないなら、
とれないなら、
神社は儲からない。

せっかく観光客が増えたのに、
これでは逆に困ったことだ。

QRコードのお賽銭、
そういう視点が、
神様ビジネスでも必要になってきたってこと。