「死に至るほどの快楽を超えるもの」

[Just surviving]No.0018

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


作品製作中のAKIRA

「死に至るほどの快楽を超えるもの」

僕の親友であり、メンターでもあるアーティストのAKIRA。

彼は、元ヘロインジャンキーだ。

人生のテーマは、快楽の追求。

そして最終的にたどり着いたのが、ヘロイン。

ドラック界のキングであり、
死へ近道と言われるほど、強力なドラッグだ。

死んだほうがましだと言われるほどの、
強烈な洗礼儀式を超え耐性がつくと、
今度は死をも恐れない、究極の快楽が襲ってくるという。

「ワンショット体に入れると、今までのそして未来までの快感、
つまり一生分の快楽をすべて凝縮したものが、全身を駆け巡るんだ」

AKIRAが、ヘロイン体験を語るとき、
それを聞いているだけで、僕までもが快感に襲われてしまう程強烈だ。

そしてそれが、死への近道と言われるゆえんだ。

ヘロインの為なら、何でもするし、
最終的に生きる行為をも、否定してしまうのだろう。

そんな彼がヘロインを脱し、
ドラッグジャンキーから抜け出せたのは、
アートのおかげだという。

作品を創ること、クリエィティブに生きることこそ、
ほんとうの快楽なんだと、今のAKIRAをみればわかる。

アートというと、なんだか特殊なことで、
難しいことのように思えるかもしれない。

でもそれは結局のところ、
自分をアウトプットする行為に集約される。

インプットーつまり何かをただ消費するのではなく、
自分の意見や考え方、自分のセンス、
存在をかたちにして発信すること。

それをクリエイティブといい、
それがアートの正体だ。

究極の快楽の答え。

それは、アウトプットすること。

どんな些細な事でもいいから、アウトプットし続けよう。

あなたは人生の、クリエイターであり、アーティストなのだから。


「変わるとは、変えることだという事実」

[Just surviving]No.0017

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


「変わるとは、変えることだという事実」

Vlog用の動画編集も無事終わり、
なんとか明日のUPには間に合いそうだ。

今まではなるべく編集しないことこそ、
自分式だと思っていた。

編集なしなら、手間も少ない。

でもせっかくやるのだから、
新しいチャレンジをと思い、
少し手を加えることにした。

少々やりすぎかなと思うくらい、
とにかく間を切ってみる。

たったそれだけのことで、
良くも悪くもイメージが変わるのだから面白い。

あとはそれに、
どれくらい時間をかけられるか?

どう作業を効率化できるかが、今後の課題。

5分の動画、編集に1時間はかかる。

もちろん、大事なのは内容なのだが、
今はそこまで考えない。

まずはそうやって習慣化をして、
続ける事こそ先決。

さて、公開設日時の設定をしていて気付いた。

明日は3月11日。

大震災が起きた日だ。

全く忘れていたのだが、
あれから、もう8年になる。

あの時の経験が僕を、違うセカイに導いた。

天災の恐怖、政治の不信、エネルギー問題。

色々とあったが、最も忘れてはならないこと。

それは、
いざ有事が起きれば、
頼れるのは自分自身しかいないという事だ。

どう判断し、どう行動するかは、
すべて自分の決断によるものなのだと言う事実に、
改めて気付かされた。

そして僕は、考え方を変えた。

もしそれが、間違いであったとしても、
自分で責任が取れるセカイに生きようと。

誰のせいにもしない、自己責任のセカイ。

天災に限らず、この先も、何が起こるかは分からない。

一寸先の闇に対して、想定外を減らすのが鍵だ。

誰かが決めた想定なんて、
結局自分には想定外でしかない。

そしてそのために、
様々な知識と経験を自分の身につけること。

自分のあたまと、自分の足でその先に行けること。

それが僕の、自分式ライフスタイルの一つであり、
それが僕の、自分式人生の楽しみ方の一つでもある。


「君は、Vlogerを知ってるか?」

[Just surviving]No.0016

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


「君は、Vlogerを知ってるか?」

約3年ぶりに、Youtube投稿を再開することにした。

youtubeに限らず、
ビデオ動画で発信することを、Vlogって言うらしい。

Video Logの略。

だから、Vloger。

ちなみにブログは、Web Logの略。

この3年で、ユーザー数が劇的に増えた。

動画広告で収入を得る、
いわゆるユーチューバーも増えてきた。

それによって、
Youtubeのフォーマットがある程度固まってきた様子。

その一方で、
新しい可能性ー収益モデルが模索されている。

これから更に、
新しいYoutuberスタイルが出てくるはず。

まだまだ未知の領域が、
残されているジャンルだと僕は確信している。

からこそ、
今やらなくちゃと思い、また新たに始めたわけ。

今まではただ、
動画をUPさえすれば目的達成だったのだけれど、
これからは、いろいろ試して楽しもうと思う。

Youtubeもそうだが、
新しいモノ、新しいカルチャーは、
ある程度出そろうと、フォーマット化がおきてくる。

そうなると今度は、それに固執して、
新しさが無くなってしまう。

それによって、
自分の思うようなスタイルが築けなくなってくる。

でも僕は断言する。

まわりと違おうが、
まわりになんと言われようが、
自分のやりたいようにやればいい。

それを可能にしたのがインターネット。

そして今、それが当たり前のセカイになってきたのだから、
まわりと違ってることこそが、正解だ。

それが僕の、自分式。

あなたは、あなたの自分式でやればいい。

単純明快、やりたいことをやりたいようにやれること。

それこそが、これから必要になる大事なスキル。


「悩み、それは進化のプロセス」

[Just surviving]No.0015

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


「悩み、それは進化のプロセス」

お客様の悩み。

仕事、時間、人間関係。

仕事は楽しいんだけど、時間が無い。

それからもうひとつ、
仕事は楽しいんだけど、人間関係が悪い。

断言しよう。

それは、「楽しくない」ということだ。

もしあなたが、
同じような思いでいるなら、お教えしよう。

今の日本で、会社勤めをしているのなら、
それは時間の消費と、人間関係の構築が仕事である。

逆に言えば、時間を気にせず、
人間関係をうまく構築できれば、
どんな会社のどんな仕事でも、楽しく勤まる。

最初の悩み、
仕事は楽しいんだけど、時間が無い。

残念ながらこれは、会社を変える必要がある。

ただし日本式の会社、ほとんど全ては、
時間の制約を上手に使って、社員を逃がさないシステムだ。

僕はこれを、第三世代型奴隷方式と言っている。

よって、独立が必要かもしれない。

つまりもしあなたが、自由出勤を認めていて、
時間が勤務の評価対象ではない会社を見つけられれば、
それがあなたの、楽しい仕事になる可能性は大いにある。

後の悩み、人間関係。

残念ながら、というべきか、
ラッキーなことにというべきか、
これならば、会社を変える必要はないかもしれない。

いや、会社を変えたところで、
同じことになるのは見えている。

人間関係が悪いというのは、
あなたのコミュニケーション方法に、
問題がある可能性が高いからだ。

だから、もし人間関係がいやで、
独立を考えているというのであれば、要注意が必要だ。

そのまま独立しても、うまくはいかない。

なぜなら、コミュニケーション力こそが仕事力であり、
それが稼ぎだからだ。

営業ができなければ、仕事は取れない。

つまりあなたには、お客様と直接人間関係を築くという、さらにレベルの高いコミュニケーション方法が要求されることになる。

そこで、職種・業種を変えて転職するという方法がある。

これならば、同じことにはならない可能性がある。

職種・業種によって、人の性格・性質に違いがあるからだ。

自分が得意とする人が集まる会社に、
ゾーンを変えれば、うまくいくかもしれない。

人間、いろんな悩みがあるけど、
それは、アップデートを欲しているということだ。

大丈夫、解決方法は必ずある。

そのためのライフコーチ。

お気軽に、相談ください。


「ゴミ、それは男のロマンなのだ」

[Just surviving]No.0014

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


犬も歩けば、翼に当たる。

「ゴミ、それは男のロマンなのだ」

毎日の日課、犬の散歩。

たまに、ルートや場所を変える事で、気分を変える。

今日は、いつもと違う場所、犬にとっては、初めての場所だ。

河川敷の土手。

ここは、ドローンの練習には最適な場所。

車は入れないし、人も少なめ。

ドローンの練習場は、犬を走らせるにも、最適な場所になりうる。

普段から、いい場所は無いかと、

犬を連れてのロケーションハンティングも兼ねている。

遠くに、面白そうな漂流物を発見。

普段は犬に、無理やり引っ張られながら歩くのだが、
今回は、僕が犬を引っ張る。

どうやら漂流物の正体は、ラジコン飛行機の翼のようだ。

周りを見回しても、機体本体は見つからないので、
上流から流されたものなのか、
それともどこかに墜落した機体から、翼だけ強風で飛ばされてきたのか、
色々考えを巡らすが、答えは見つからない。

お宝でもなんでも無いのだけれど、
いや、それどころかただのゴミなんだけれど、
残置していくわけにはいかない。

僕も、ドローンを飛ばす人間として、
ラジコン飛行機愛好者として、
仲間の残骸を見捨てるわけにはいかない。

そんな言い訳をしながら、
片手に犬、片手に大きな翼を持ってご帰宅。

ただのゴミなのに、
なぜだか心を奪われてしまったのでありました。


「熊の亡霊、出没に注意!」

[Just surviving]No.0013

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


熊の足跡発見か!?

「熊の亡霊、出没に注意!」

毎朝の日課、犬の散歩。

パートナーと二人、近所を散歩する。

その日僕には片づけなくてはならない仕事があり、
散歩には彼女一人で行った。

帰ってくるや否や、熊の足跡らしきを発見との一声。

怖くて、引き返してきたという。

もう仕事なんて、やってる場合じゃない。

仕事はさっさと切り上げて、熊の足跡の確認に向かった。

確かに、大きな足跡ではあるが、爪の形が犬に似ている。

ご近所で大型犬を飼っているのは、それほど多くない。

珍しいといえば珍しい、、、。

よく見ると、少しだけ離れた所にも、同じ間隔で人の足跡がある。

僕たち二人の足跡だ。

そこは僕たちが通る、いつものルート。

それは昨日付いた、うちの犬の足跡。

きれいに周りが溶けて、
大きな足跡になってしまったようだ。

一応念のため、
写真を撮って足跡を調べてみる。

やはり、それは犬の足跡。

クマの足跡とは、似ても似つかない。

狩猟免許を捕るために、
去年勉強したはずだったのだが、
まだまだ、自分の身になっていない。

今まで、動物の足跡なんて、
全く気にも留めていなかった。

山暮らしをしていると、
必ずといっていいほどでてくる、熊の目撃情報。

時折耳にするのだが、
本当に熊を見たのか、怪しいこともちらほら。

そもそも、この辺に出没する熊は、ツキノワグマで、
人里に近ずくことは滅多にない。

もちろん、本当に見たという人も中にはいるのだろうが、
その大半は思い込みが、熊の姿を見せているのではないか、
と僕は思っている。

疑心は暗鬼を生じ、暗鬼は疑心を生ずる。

人間の脳は、物理的に存在しないもの、
つまり―霊を存在させて、見ることが出来る機能がある。

本物だろうが、偽物だろうが、当事者たちにはそれは事実である。

見えるもの、見えたものが、本当に事実かどうなのか?

場合によってはそれを、他の誰かに判断してもらう必要もある。

それが、僕たちメンタルコーチの務め。

コーチングによって、疑心が消え、暗鬼を天使に変える。

あなたの疑心と暗鬼が、消じますように。

マタギの道は、まだまだまだ遠い!
足跡、普段気になんてしてないよね。

「邪魔なのは、ホントに重力?」

[Just surviving]No.0012

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


「邪魔なのは、ホントに重力?」

今日は僕のアンセム(フェィバリット以上の、大好きな曲って意味ね)、
パフュームの『ゼロ・グラビディー』を聞きながら。

今日のタイトル「邪魔なのは、ホントに重力?」は、歌詞の一部。

とてもいい歌詞なので、ぜひ一度聞いてみてほしい。

最近ご無沙汰してるけど、
音楽フェスにしょっちゅう出かけていた時期がある。

ロックもいいけど、やっぱり僕はテクノが好き。

歌詞も意味もなくて、
ただただノイジーな音の組み合わせ。

でも、一流人のDJセット(ロックでいうならライブっていう意味ね)は、
ホントに盛り上がる。

MCを入れないのが、リアルなテクノ。

つまり音だけ、非言語だけで、
みんなを誘導するテクニシャン。

デジタル技術を駆使した、ハイパー原始音楽、
それがテクノ。

だからテクノのフェイバリスト達に言わせれば、
歌詞が入ってるのは、ホントのテクノじゃない。

パフュームが、テクノかどうかはさておいて、
いい曲なんだから、つべこべ言わぬが仏なり。

いいのよ。

ホント、それでいいのよ。

お客様が、楽しくて、盛り上がって、気持ちよくなる。

それができれば、どんな方法でもいい。

ジャンルがどうとか、ホントはどうだっていいこと。

さて、パフュームの音楽プロデューサー、中田ヤスタカ。

彼のDJセットって、
ホントに盛り上がるし、ホントに楽しい。

ホントに自分がやりたいことを、
ホントに思い通りのかたちにできた人。

きっとホント、それが一流と呼ばれる人たちの正体。

好きなことを、好きでやってる。

だから楽しい。

それが、周りに伝わっていく。

パフュームもそう。

感じるのは、楽しい気持ち。

もちろん、かなりハードなスケージュールだと思うし、
ダンスの練習なんて、並大抵の事じゃないはず。

それでも、好きだからこそやれるんだろうし、
それがスタッフたち、周りの人間をもすべて巻き込んで、
聞いてる僕たちにも伝わってくる。

邪魔なのは、ホントに重力?

さぁ解き放て、きみのこころ。

さぁ飛ぼう、こころはいつだって自由さ。


「風がないなら、揺らしてしまえ」

[Just surviving]No.0011

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


奥日光、戦場ヶ原。

「風がないなら、揺らしてしまえ」

今僕が住んでいるのは、日光市の上の方。

霧降と呼ばれるところ。

昨日の霧降は、かなりの強風。

風を写真で表現するのって、難しい。

というわけで、プロの写真を参考に。

商用素材写真集「アドビ stock」で、さっそく検索。

海をベースに、大波を表現したものは多数ある。でも、欲しいのは森とか林。霧降は山。山をイメージできなくては意味が無い。

木は、なかなか動かない。

動きのない静止画で、動きを表現するのは難しい。

ここで一つ、自分式の答えが見えてきた。

ぼけててもいいんだ。動いてることを、見ている人に伝えればいいんだ。

もっと言えば、ぼかしたほうがいいんだ。

そのほうが、動いている感じが伝わる。

動かしちゃえば、いいんだ。

そういえば僕の好きな香港映画、『恋する惑星』『天使の涙』監督ウォン・カーワァイ、撮影は、クリストファー・ドイル。

この二人のペアが創り出す世界感が、僕は好きだ。

酔って気持ち悪くなるとまで言われる、落ち着きのないカメラワーク。

強すぎる、光とカラーのコントラスト。

ストーリーは、あってないようなものなんだけど、きっとこの動きのある映像に、文字通り酔ってしまっているのだともう。

動け!動かないのなら、動かせ!

これが、自分式のこたえ。

そして、その結果わかったこと。

iPhoneのカメラは、ほんとうに優等生だってこと。

だって、全然ボケないんだもん。​

「色が違えば、気分も違う」

[Just surviving]No.0010

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


「色が違えば、気分も違う」

今日の日光は、雪景色。

昨日は、少し多めの雪が降ったようだ。

といっても、去年に比べて全然少ない。

毎朝の犬の散歩と、自分の散歩。

いつもと同じ時間、
同じ道、同じ場所なのに、
雪が積もっただけで、景色が違う。

景色が違うと、気分が違う。

つまりは、いつもと違う世界。

同じものでも、色が違えば感じが違う。

同じ服でも、雰囲気ががらりと変わる。

色は、人生において、
大事な要素の一つなのだが、
ないがしろにされやすい。

もしこれが、この色だったら?

もしこここで、この色を使ったら?

色について色々と、考えたくなる一日の始まり。


「これであなたも、自分式。タマシイは神社でつくれ!」

[Just surviving]No.0009

クレージーなライフコーチ ハンゾー・ハンダの独り言。
不肖ハンゾー、本日もなんとか生き延びた次第であります。


「これであなたも、自分式。タマシイは神社でつくれ!」

僕が良く行く、日光二荒山神社。

(地元民は通称ふたあらさん、正式にはにっこうふたらさんじんじゃと読む)

二荒山神社は、日光に2つある。

1つ目は、日光東照宮の隣。

2つ目は、いろは坂を上った奥日光、中禅寺湖のほとり。

「今、お賽銭が危ない」の回で行ったのは、1つ目ー東照宮の隣の神社。

今回紹介するのは、2つ目、中禅寺湖のほとりにある方。

ほんとの事は知らないが、僕にとってはこちらが本店。

いいタマシイが、つくれます。

ちなみにですが、タマシイとは、Crazy Life Coachingで言うところの、Hyperマインドーマインドセット。

それを簡単に説明してるのが、「ハイパースピリチュアル」である。

タマシイの設定は、あなたが、あなたであるための、大切な儀式。

僕のやり方を参考に、自分式をつくって欲しい。

まずは、鳥居。

一番大きな鳥居をくぐります。

鳥居をくぐったら、回れ右をして、鳥居の入り口から見える世界を見ましょう。

あなたのスピリットが、セカイに繋がるための出口となります。

次にお清めです。

手など、体を清める必要はありません。

あなたが神様なのです、神様に対して、汚い扱いをするのは失礼ですよね。

但し、お清めを一口飲みましょう。

水は命の源ですから、神様(あなた)に対して、お恵みを施しましょう。

本殿では、御神体として鏡があるはずです。

鏡に自分の顔を写しましょう。

写らなければ、自分の顔をイメージしてください。

なお、ご神体が鏡ではない場合の神社でしたら、自分がそれになったイメージをしてください。

鐘があれば、鳴らします。

あとは、その鏡に映った自分をあがめましょう。

方法はご自由に。

神様はあなたですから、あなたが不快に思わなければ結構です。

システム使用料として、賽銭を入れましょう。

もちろん、場合によっては、自分に対する評価額を入れるのも良いと思います。

神様は、あなたですから。

あなたと接見できた事に対する評価額ということですよ。

回れ右をして、来た道を帰ります。

その時、ご神体に映った自分の存在が、入り口の鳥居を通って、外部セカイに広がる様子をイメージして下さい。

それが、タマシイつまりは、スピリット。

あなたのスピリットが、セカイと同期することにより、あなたの存在が皆に広がり伝わります。

因みにここ、二荒山神社で発生したスピリットは、中禅寺湖に流れ、華厳の滝を下り、川の流れとともに、東京方面にブロードキャスティングされる仕組みです。

宇宙のタイムラインに投稿する。

そんな感じがいいと思います。

きっと誰かが、「いいね!」と背中を押してくれますよ。